チューリップが咲き誇る

今日は晴天。今朝起きると必ず窓の外を見たくなる。ベッドから起き上がるとすぐに愛猫が動きをとる。きっと物音が聞こえたのだろうか、すぐさま足元にすり寄って挨拶する。可愛がるほど懐いてくれるからまた更にできる範囲のことはしてあげたい。

世の中は自粛やコロナなど大変だがそんなことは愛猫にはわからない。

がしかし人間の顔を見て観察できる能力は確かに実感する。

愛猫なりに人間の感情を認知し判断していることになる。

草花の様子を見るために愛猫を抱き上げるが刈り上げたお尻の部分に温度差を感じる。

今回は広範囲の毛玉を刈り上げたので大丈夫だろうかと心配は募る。

庭のチューリップが一列に顔を出し踊るように揺れていた。

心配事を抱えながらの草花にはまた穏やかになれる。

おそらく人と動物と自然は連動してるに等しいと常々思う。

紹介 catseye

猫の愛好家です。子供の頃からずっと飼っている経験があり切っても切れない関係。コロナ前に海外に出かけてカメラを必死に撮ってまいりましたが現在は家にこもっておりペルシャ猫に魅了されて沢山の愛情を注いであげてる主婦。

コメントは受け付けていません。