こんな猫の器ウツワが欲しいなあ!(猫の日常)

家では、にゃん猫の水飲み場所は3〜4ヶ所置いてますが

たいてい売り場ではズッシリした陶器の作りが主流のようですね!

ずっしりと膨らみある陶器が店頭でも売り出されてます。

もしも器(ウツワ)が今にも倒れそうなものなら、

ここぞ!とばかりかわいいにゃん猫も倒してしまいがちですよね‥‥

こんな陶器が見事に!はまったにゃん猫

いちばんのお気に入りの陶器にはまったにゃん猫はこれ!

まだ試作品だった陶器

この食器には猫の水飲み用の器(ウツワ)とは決まってない段階で購入しました。

こちらの器(ウツワ)をどのように利用しているかと言うと流れる水が

大好きなにゃん猫は計量カップやポットを用いて

器(ウツワ)に注ぐと水の流れる音や水から出る泡を楽しんでおりまして

この水泡がプチン!と弾けて割れるとまた手で軽く触る。

そんな繰り返しですが大変喜んで飲んでます。

でも待って!これはお水を飲む為のものですわ~。

確かににそうです!

その後はシメに水を飲んでるので安心しました!

縁どりされているきわで舌をぺろペロと飲む楽しさ好きらしい?

陶器の縁(ふち)で飲み始めるにゃん

自身ですと焼肉食べた後にシメの最後にビビンバ丼を食べるケースですね。

器(ウツワ)の水を飲む楽しさを追求すると?

人間も同じように器によって雰囲気を楽しんでますよね!

オシャレな柄や飲む味わいなんかもさまざまだと思いますね。

にゃんの猫の場合はダイレクトに食器や水にタッチする感覚。

この器(ウツワ)がお気に入りのにゃん猫を更に何か楽しませる方法は?

と主が考えついた結果は

これぞダブル噴水!

これには見事に逃げ出してしまったにゃん猫のシーである。

上から下ヘの法則が怖いにゃんである!

でもこの話題は何かニュースでもあったりとかしたかな?

そんな様子をみていたにゃん猫のシーは怖くなったのでしょうか?‥

では滴る清い水は上から下の方法ではなく

平らな器(ウツワ)の状態で満水になれば広がるケース

であればもっと嬉しくなるのではないでしょうか?‥

こんな器(ウツワ)があったらいいのになぁ‥


紹介 catseye

猫の愛好家です。子供の頃からずっと飼っている経験があり切っても切れない関係。コロナ前に海外に出かけてカメラを必死に撮ってまいりましたが現在は家にこもっておりペルシャ猫に魅了されて沢山の愛情を注いであげてる主婦。

コメントは受け付けていません。