【猫飼い必見!】もしもの時の探偵社

家飼いだからこそ、窓からの景色に興味がある。

 

今がチャンスと思う時にはとっさに行動してしまうのが本音ですね。
万が一の備えは重要ではないでしょうか?

冬の寒さが厳しい季節は日中の暖かさが感じられる時しか出ることはありませんが

時には気分が散漫になり追いかけるチョウやその他の昆虫に集中してしまうと

公道に出てしまうので気をつけなければならないほど。

普段は見慣れない場所から気がつけば迷い道になってしまい

挙げ句の果てに戻る事が出来なくなった場合はどうすれば良いかわかりませんね。

 

事前の備えとして幾つかのグッズを利用しているものを取り上げてみました。

ペットカメラ

メロディ音で知らせる感知式

 

基本は一緒にいる事が前提ですが、何かとその場がら離れてしまうことも。

ちょっとした隙間時間に猫がいなくなると大変なことになりかねません。

猫探偵社にお願いした場合は?

必ずしも猫が戻ってくるとは限りません。

もしかすると縁の下で怖くて怯えながら身を隠していることの方が多いかも知れません。

 

ペット探偵を依頼する際には次の内容を理解することが大

民法第656条の準委任に相当し結果責任は負いません。

根本的なペット探偵の業務内容についてはペットを探すことが目的であり

発見して連れ戻すことの保証をする物ではないために万が一ペットが戻って来なくても

飼い主は費用を支払わねばならない義務が発生する。

 

迷い猫にならないようにいつでもついてあげられるようにしたい物ですね。

 

紹介 catseye

猫の愛好家です。子供の頃からずっと飼っている経験があり切っても切れない関係。コロナ前に海外に出かけてカメラを必死に撮ってまいりましたが現在は家にこもっておりペルシャ猫に魅了されて沢山の愛情を注いであげてる主婦。

コメントを残す