【猫好き必見】昔から猫に癒され歴史に残る置きもの発見!(猫の日常)

遠く距離をおいても、しっかり見つめる視線を感じる猫の日常。

人間にとって猫は欠かせない存在なのかもしれません。

そう思えるのは街中を歩いて実感させられるある骨董品ショップ

横浜元町商店街にて

むかしを思わせる歴史ある置き物のようです。

でもコレ売り物ではないですね。

値札がついていない。

置きものがあるだけでも癒されます。

特に着物を着たネコなど日本独特ではないでしょうか?

目線は店先ばかりで上まで気がつかなかった気の届いた発想

宝石ショップの建物にはサンタさん

本日はクリスマスの日なので今日までのディスプレイ

また来年もみられると良いですね。

オシャレな商店街にもあまりみられない歴史ある昭和のおもかげ発見!

花柄は昭和の電化製品にもありました。

横浜中華街も混雑さながら豚まんが大人気。

私のよく行くお店はまるで問屋のようなお茶屋さん

量だたくさん会ってお得感がバッチリ!

ジャスミン茶、ウーロン茶、プアール茶など

お湯に浮かばせれば花が開く物までさまざま

トータル2,160円

凍頂烏龍茶(80g) 680円が2袋 680円

中国銘茶(鉄観音茶)500が1袋 800円

まるで問屋のような安さ

コレで2度目の来店でした。

にほんブログ村 猫ブログ ペルシャ猫へ
にほんブログ村


紹介 catseye

猫の愛好家です。子供の頃からずっと飼っている経験があり切っても切れない関係。コロナ前に海外に出かけてカメラを必死に撮ってまいりましたが現在は家にこもっておりペルシャ猫に魅了されて沢山の愛情を注いであげてる主婦。

コメントを残す